« 全日本 美川 短編レポート | トップページ | ジムカーナ会場 モーターランドたぢかわ編 »

2016年7月21日 (木)

2016 全日本ジムカーナ選手権 in 美川

7月16~17日に、愛媛県久万高原町美川スポーツランドで全日本ジムカーナ選手権第5戦が

R5_369_4エトワール・瀬戸風・DCR、他JMRC四国有志協力の元、開催されました。

別名 紫陽花の陣

「あれ?こないだ紫陽花の陣やらなかった?」

と思ったそこのあなたsign01

前回は、「地区戦の紫陽花の陣」で、今回は「全日本の紫陽花の陣」なのです。

「何が違うん?」 と思っているそこのあなたsign03

前回は写真無し、今回は写真有りの違いですsmile。   

    

そんな紫陽花の陣にエントリーしたフォーランドのたな会長を応援するため、

たな会長ファンクラブ会員の多数が応援に駆けつけました。

たな会長は土曜日からの参加。

   

土曜日夕方アルトワークスやまさんスペシャルにトラブル発生sweat01despair

急遽エスティマで美川に行くことになりましたが、長距離なので結果オーライですgood

日曜日やまさんは 「夜中3:30は早いなあ」 と愚痴っていたありありを迎えに行きます。

まさかと思いつつ、いや~な予感が的中。

ありありはモーニングコールmobilephoneで目が覚めたようです。

やまさんは寛大な心を持っているので?その程度では気にしませんhappy01

  

松山道松山ICを降りて一番最初に見た競技車両は、

R5_002 「プジョー208MOTIVEスペシャル」 良い一日になりそうですhappy02

↑やたら○○スペシャルを使いまくってますが気にしないようにsmile。 

  

  

道の駅でたかびー夫妻と合流し時間調整していると、競技車両が続々と目の前を通過します。

ギャラリー駐車場は会場手前の空き地に駐車することになりました。

R5_014R5_062 会場入口ではTEC紺EG氏がオフィシャルとして迎えてくれました。

R5_089 R5_016サービスカー駐車場は

白銀荘奥の未舗装路の坂道に駐車します。

雨降ってぬかるんでいる斜面に一度止まってしまいホイールスピンして登らなくりましたが、

冷静沈着なやまさんは無事対応して登りきりました。

この時はアルトワークスだったらよっかったのになぁ、と思ったやまさんであった。

   

R5_019R5_018R5_017_4 慣熟歩行を観戦ポイントから見てみると、

視界が悪く誰がどこにいるのかわかりません。 

 

    

R5_046 たな会長パドックに到着。 

やまさんが家を出発してから約6時間、四国の会場なのに遠征した気分。

R5_020R5_055R5_056  

 

 

 

R5_032 そんなやまさんは早速ネタがいっぱい転がっているパドックを徘徊します。

 

  

  

ビギナーズCUP戦士からは他6名。

R5_045 R5_106 お隣は直近のライバルTEC白シビック氏。

R5_051 暫くは四国とオサラバする海外組青BRZ氏。

R5_039R5_035_4コースから一番遠いところに陣取る、MOTIVE天ちゃん氏。

  

R5_052 排水溝の前で微妙なパドックのCP55インテグラ氏。

R5_044 久々全日本エントリーのTEC白/青ランサー氏。

R5_047 とてつもなく高い壁のライバルに挑むRBランサー氏。

R5_049 正確に言うとまだビギナーズCUP戦士ではない、

TEC白ランサー氏も載せちゃいます。

   

  

R5_024 コース図

西フェスの時と違い、スタート位置とゴール位置が変更されています。

これぞ THE ジムカーナsign01 というコテコテパイロンコースは

とてもタメになったし面白かったですね。

    

R5_129 TEC会長の計らいで、ロータス徳島から拝借したロータスエボーラを展示。

R5_126 一生懸命営業するエトワール元四国R3チャンピオンが、

エボーラを1本目前のコースクリアで運転していました。

エボーラ欲しいsign03という人は、TEC会長に連絡してみてください。

 

R5_122 エボーラの横では、JAFブースでJAF会員証提示で参加出来る抽選会が行われていました。 

R5_125 やまさんは、エコ川柳作品が書かれた扇子が当り、

もれなく貰える?ノンアルコールもゲット!

  

   

R5_082R5_090R5_120R5_139R5_265  R5_100

 

 

 

たな会長パドックの気温が23℃~27℃。

路面温度が23℃~32℃。

R5_526_2 午後は打って変わって良い天気になりました。

  

 

 

  

1本目PN1クラスでアクシデントがあって競技一時中断。

そのまま、濃霧により競技中断が継続。

  R5_083 R5_095濃霧による中断が数回あったので、

下手すると2本目は走行できない可能性もありました。 

 

  

R5_067 青BRZ氏は、そろそろ乗り込もうかな、というタイミングで中断したので

待ちぼうけ。

  

  

R5_060白銀荘も見えません。

   

 

  

R5_071こちらはパドック入口方向ですが、全く見えません。

R5_343午後の景色です。

全然違いますね。

 

  

  

R5_117 オフィシャルになりすまして必死で存在感を消そうとしている?

rain四国名物の人rain

R5_080うっかりパドックに出て行くと、、

当然文句の嵐sign01poutdash

←これ本当に言われまくっている所です。 

R5_387R5_388可哀想なので

ちゃんと仕事をしている所をご覧あれ。

   

  

R5_114ビギナーズCUPと違って何かオーラが出ている(様に見える)、

全日本での天ちゃん氏。

   

    

R5_377R5_378_2R5_379タイヤサービスの3メーカー  

  

  

  

R5_390全日本ラリーのオフィシャル側で活躍する人でもあり、

JMRC四国運営委員長でもあり、

今年からJAFスピード行事役員にもなっていて

ビギナーズCUPの取材にも来ていたこのおじさんは、

今回は審査委員として大会に関わっていたようです。

 

R5_013R5_048R5_076R5_148  

 

 

  

   

何とか再開したPN3クラスの青BRZ氏の走行はこちら。

R5_149R5_157 R5_165  これは、カメラマンの腕が悪いのではありません。

「濃霧の影響だsign01」ということを

声を大にして主張しますsign01smile

  

R5_391その青BRZ氏は、とりあえずは四国ラストランだったので、

1本目は霧で前が見えず?2本目は涙で前が見えず?weep

なのでワコーズCUPの時の様にキワキワパイロンターンが成りを潜め、

残念ながらポイントゲットならず。

またいづれ会える日を楽しみに待っていますね、じゃpaper

 

同じくPN3クラスのMOTIVE天ちゃん氏は、コースと雨と標高の高さで今年のハンデを振り払い、

R5_180R5_1891本目は2位sign01

R5_066R5_113  

 

 

  

R5_175 TEC地区戦でお馴染みの、Snap-onスタッフも応援に駆けつけています。

こんなショルダーバッグもあるんですね。

Snap-onは意外と便利な小物をロゴ入りで取り扱っているんです。   

R5_249 滅多にない風景、

お互い、「ナニ撮ってんだようsign01catface」 

 

 

R5_405R5_407R5_408R5_412R5_418R5_419  

 

 

 

2本目はドライコンディションとなりベストタイム更新し盛り上がる。

しかし多少逆転され4位に終わり惜しくもメダルゲットならずweep

R5_447上位6台の車両保管風景。

 

 

 

R5_072超トップドライバーが集まっているPN4クラスにエントリーしたのは、

数年前はタイワン野郎のライバルだったハズのTEC白ランサー氏。

R5_208R5_214R5_428さすが地元選手だけあって、

9位ポイントゲットsign01

 

R5_270R5_475上はとてつもなく高い壁がそびえ立つN3クラスのRBランサー氏は、

R5_477_2R5_4781本目、2本目共に4位。 

惜しくもメダルゲットならず。

 

 

R5_359SA1クラスは、

フォーランドを背負っているたな会長と

TEC白シビック氏がエントリー。

 

R5_261 1本目のたな会長は納得いかない内容でも、周りが色々あって5位sign01

R5_273R5_286たかびーが撮った動画で研究し、

2本目ゴール時は2位sign03

   

  

R5_500一度はパルクフェルメ保管されるも次々とタイム更新されて、

結果惜しくもポイントゲットならずの11位weep

う~~ん、お疲れ様でした。

R5_534 大会終了後、RSK代表から軽~く指導を受けてましたね。 

 

 

  

R5_293TEC白シビック氏は、1本目パイロンタッチで撃沈。

R5_508 2本目好タイムを出すも、

最後の最後で逆転されて惜しくも表彰対象されない7位sign01

6位とは約コンマ1秒、5位とは約コンマ2秒。

本当に惜しい7位でした。

 

R5_305 いつの間にかSA車両でエントリーしていたCP55インテグラ氏は、

R5_3061本目期待通り?お約束のパイロンタッチするも、

2本目ノーペナルティで6位入賞。

やれば出来るじゃんsign01smile

 

R5_513 濃霧の影響で2本目は走行出来ないかも?

と思われていたSA3クラスのTEC白/青ランサー氏。   

R5_3201本目は3位につけて、2本目に挑みます。

R5_3262本目だけみたら3位ですが、

トータルタイムで惜しくも4位、

メダルゲットならずweep

 

R5_340  R5_422 R5_385

 

  

  

やまさんのお気に入り写真のコーナー

晴れていたらもっと奇麗に撮れていたと思うのですが、

それでも中々味なワンショットになった、

R5_483紫陽花の陣を快走するたな会長、

に決定しました。 

2度目の受賞です。

  

R5_492こちらも候補に上がりましたが、 

惜しくも受賞ならず。

この日2回目の惜しくも・・・となりました。

  

R5_537 大会終了後の片付けでは、来年には立派なサービス員に成長するであろう、

見習いサービス員が活躍していました。

  

  

R5_543 負けじと、お隣のサービス員も奮闘中smile

 

 

 

更に反対側のお隣では、

R5_546_2 ・・・何かの取材を受けているN3ウィナー。

2・3年後にはたな会長が取材を受ける所を見てみたい・・・と独り言smile

 

 

R5_547 R5_549 片付け中のコース上と表彰式を遠くで見ながら、

会場を後にします。

美川SLに行った全ての皆さん、大変お疲れ様でしたgood

   

帰りの道中、石鎚山SAでたくさんのジムカーナ関係者と遭遇。

そのあと、ありありを高松で降ろし、やまさんが家に帰ったのは日が変わる少し前。

あ~疲れたsign01

疲れたけどやはり全日本はその場にいるだけでも楽しいですね。

初めて全日本を見た、という人は来年中国地区、近畿地区は近場なので

観光がてら観戦に行ってみてはどうでしょうか?

R5_423R5_462_2R5_523R5_521  R5_532_2  

   

  

  

  

次のイベントは、

8月28日に高知県 モーターランドたぢかわ で地区戦第7戦が

SKMC主催で開催されます。

 

9月4日には、徳島カートランド で

ワコーズMOTIVEジムカーナ ビギナーズCUP ROUND4

が開催されます。

去年までのワコーズCUPと同じくらいたくさん走行出来て、

全員に景品が当たり、じゃんけん大会も準備されています。

運転技術を向上させたいup人はもちろん、

rockscissorspaperじゃんけんのレベルを上げたいup人にもうってつけの大会になっていますよsmile

 

全日本ジムカーナ選手権美川戦の長~~編レポートを

最後までご観覧いただきありがとうございます。

  

それではこの辺で・・・ごきげんよう、じゃpaperhappy01

  

|

« 全日本 美川 短編レポート | トップページ | ジムカーナ会場 モーターランドたぢかわ編 »

全日本戦・他地区遠征・フェスティバル等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全日本 美川 短編レポート | トップページ | ジムカーナ会場 モーターランドたぢかわ編 »