« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

フォーランド勢の頑張ったで賞

当初はフォーランドHPの活動報告でチーム員だけを取り上げていて、途中からワコーズCUPの参加者の面々も取り上げていきました。

この新コーナーでは主にフォーランド勢の四国選手権・四国シリーズのリザルトを追跡します。

いつもの内容は、僕が会場入りした時だけ更新していきます。

という事で、開幕戦は会場入りしてないので 「フォーランド勢の頑張ったで賞」、と言うより

正確に言うと 「フォーランド勢の頑張ったハズで賞」 となりますsmile。 

 

3月25日 

DCR ジムカーナ’2012 瀬戸内海サーキット 

四国選手権 第1戦 NS1クラス たな会長 DL☆RSK☆2&4シビック 4位 10ポイント    

四国シリーズ 第1戦 R2クラス かねやん 2&4★シビック 7位 4ポイント

 

4月15日第2戦(TEC主催)徳島カートランドでは、たな会長は勝ってくれるもんやと信じきって応援に行きます。

フォーランド勢の活躍に乞うご期待sign03 

    

おまけ

リザルトでしか情報はないのですが、NS1クラスの外人さんみたいなカタカナ明記の人がぶっちぎりで優勝してました。 

この人は瀬戸内海でしか勝たない人なので、2勝目は最終戦までお預けですかね。smile

更にTEC1・2・3独占。

更に更に、NS2クラスでもTECの人が勝っています。

 

      

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

暇つぶし企画 その7

暇つぶし企画もそろそろネタ切れなので、今回はなぜ僕がフォーランドに入ったのか・・・について書いてみました。

まだどこにも所属していない人は、一部参考にしてみてください。

  

ジムカーナを始めたときはしばらくはどこにも属せず 「無所属新人」 でした。

クラブチームに入れば世界が広がるしジムカーナが楽しくなる、とJAFスポーツなどの雑誌に書かれていました。 

まあそれでも無所属で走っていましたが、確かにチームに入れば少なくとも会場で話す相手が増えて楽しそうだと思い始めて、考えるようになりました。

 

ここからは、当時(2002~2003年ごろ)僕自身が感じていたいくつかのチームのイメージを書いてみました。 

まずジムカーナに係わっているチームで家から近いところでは、TECP2、といった所。

徳島のチーム以外でも所属できるのを知ってからは、香川ではフォーランドOWL。  

高知・愛媛はちと遠いので、徳島・香川に入りたいところが無かったら考えよう!、といった感じでした。 

 

徳島では、P2は僕の弟がすでに入っていたし、主にダートラがメインっぽく、チーム員はみんな元気いっぱい!

TECはレベルが高いなあ! 四国チャンピオンはゴロゴロ居るし、全日本チャンピオンも居るチームの雰囲気は、「たぶん周りがそう思っているのではないだろうか?」 と思うあの強烈な阿波弁の豪快さ?happy02に関しては、僕も徳島県民なのでそんなに引くほどではなかった。 

後日ある他地区の選手が全日本チャンピオンとのちょっとした会話(やりとり)でビクビクしていたのを見て、その選手が気の毒に見えましたsmile

その他の徳島のチームはよくわかんなかった。

 

香川チームでは、まずはOWL。 初めてジムカーナを見たのは、1998~2000年ぐらいのOWL主催の坂出開催。 
僕のジムカーナの2戦目がOWL主催最後の坂出開催であり、僕の唯一のパイロンコースジムカーナでした。 

代表がもの凄く話しやすい雰囲気なので、大会名通り「ほのぼの」した雰囲気に見えました。 他には、景品に「米」とは一風変わった感じやなあ、といったぐらい。

 

ここでようやくフォーランド。 地区戦の瀬戸内海の帰り、松山道の走行車線をマイペースで走っている白/青のT●Y●カラーになる前の親分インテグラを、僕が追い越し車線から思いっきりぶち抜いていったdashのを今でもよく覚えているcoldsweats01 

今では僕も安全運転ですが何か問題でも? (と平静を装うsweat01

ワコーズCUPに参加してからは、アットホームな雰囲気のチームに見えたので(実際そうであった)、TECとは両極端な雰囲気やなあ、と思えました。

あとのチームは、名前は聞くけどよくわかんなかった。

     

チームを選ぶ理由は人それぞれです。 

家から近い、チームに全日本チャンピオンが居る、チーム代表の心意気に惚れたheart04など、どんな理由でもいいと思います。

フォーランド(2&4)は、家から約2時間も掛かるし、チームに全日本チャンピオンは居なさそうやし、チーム代表の心意気に惚れた・・・わけでもないけれどcoldsweats01、チームの雰囲気は僕に合いそうやし、ワコーズCUPのオフィシャルは何かわからんけど面白そうだったし、なんてったって代表は標準語をしゃべっているしdelicious、などの理由があります。

だからといってTECは家から近いけど、全日本チャンピオンがいるけど、そのチャンピオンは標準語しゃべってないけれどsweat01、やはり代表の心意気はわかんないから?sweat01嫌じゃ!と言う意味ではないので誤解しないで下さいな。 
実際、クラブチーム候補決定戦に最後まで残ったのはFLとTECでしたから。

 

で、選んだチームが フォーランド。 

  

フォーランドの主な活動は、ワコーズCUPを年5戦(6戦の年もあり)開催motorsports

年に1~2回、「BBQの陣」も開催 (陣といっても、普通にBBQですけど・・・happy01

2&4へ行くのに約2時間ですが、たぢかわより近いし美馬ICからまんのう町までが気持ちのいいドライブになって気分転換になるので、遠い!という感覚はないですね。  

フォーランドならではの出来事ですが、僕より後からフォーランドに入ってくるのは年上がほとんど。 とかいう僕も決して若くはないのですが、今では下から3番目の若さsign02smile

という事で、唯一の「年下で後輩」のかねやんをイジり、「年下やけどこの世界では先輩」の会長もイジり、「年上やけどこの世界では後輩でイジり甲斐のある」タイワン野郎もイジっている今日この頃ですsmile。  

フォーランドで平均年齢を下げるのに貢献しているgoodやまさんのシーズンオフ暇つぶし企画第7弾をお送りしました。 

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »