« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

2011 OWL ほのぼのジムカーナ

久々に更新が遅れてしまいました。 どうぞご堪能あれ。

 

梅雨時期は雨が降って当たり前だ~!

と思っていると、実際雨降ってもあまり嫌な思いをしなくて済みます。 晴れるだけで 「やったー!晴れた~!」 と思えるよう、無理やりにでもプラス思考で考えてみてはどうでしょうか?

晴れて当たり前と思っていると、晴れても何も思わないかもしれません。

要は考え方次第です。

こう思っているのは僕だけなんでしょうかね?

 

6月19日に開催した地区戦OWL戦があったので、全日本で活躍した人たちを見るために、TKLへ雨の中わざわざギャラリー観戦しに行ってきました。

ワコーズCUPと比べて約1時間遅く家を出て、しかも高速休日上限1000円最終日ということもあり、交通量は結構多かったです。001  

しかし、試しにいつもと違う裏道を通ると、普段TKLへ行くのより少し早く到着できました。  

新ルート発見! クラッチ操作がシンドイ人にはお勧めです。 吉野川南岸堤防沿い~吉野川遊園地跡地裏ルートです。003 007

 

 

  

020会場入りした時は慣熟歩行中で雨、どんなコースは分からないので、偶然スタートラインに居た会長の後をこっそり着いて行きます。

036TEC戦より難しくない、ワコーズCUPに近い難易度のコースです。 

特に最終パイロンセクションは、親分作 「サイド引かなくても回れるターン」 セクションに似ています。 

もちろん今回のコースも親分が関与してないのは言うまでもありません。

 

035ご存知、右がOWL藤沢氏と左が・・・お~っと!佐藤氏が審査委員長でしたか? う~ん、油断していました。

本人曰く 「梅雨なので雨が降っているんですよ」 とはいうものの、それを信じるのは動物か微生物ぐらいでしょう。

そしてどうやらこの佐藤氏も体調がよろしくない時期があったらしく、朝一で親分と 「体大丈夫?」 「お互いに・・・happy01」 と励ましあうひと時もありました。

  

試走はP2浅野さんのダートラ仕様シビックと、愛媛RSK軍団からプレイドライブでも見たことがあるオレンジ色インテグラの全日本ドライバー朝山氏の2台でした。 

041浅野さんは、派手カッコイイ・シビックとなっていました。 

043朝山氏は、スタートからゴールまで無駄の無いきれいな走行でした。 やはり全日本で勝つ人って違いますね。 

何が違うかって?う~ん・・・全部(笑)。

053更に朝山氏は試走後すぐ 「1箇所オフィシャルの位置を変えたほうが良いと思います」 と藤沢氏にアドバイス、さすがですね。 

直接携帯で位置変更の指示を出す藤沢氏、の図です。

 

 

047いつも(ほとんど)プレイドライブ用の取材をしてくれていて、ニューレオマワールドでのモータースポーツイベント執行人でもあり、コ・ドライバーとして日本や海外でも活躍している、ラリー部会長・原氏です。

ちなみに、四国ダートトライアルもこの人が取材しています。

 

ワコーズCUPでは 「春の陣」 「夏の陣」 とサブタイトルがありますが、地区戦でも親分が独自にサブタイトルを命名し始めました。 

SMC戦は 「竜馬の陣」。

このOWL戦は 「米の陣」。 ご覧のとおり、「米の陣」です。 どっからどう見ても 「米の陣」 です。081  

米が欲しい人は、「米の陣」にエントリーしましょう。 

 

 

CR-Zで2戦目の親分と慣熟歩行していると、走り方について話が合わないことがありました。

「えっ、そんな大胆なこと書いていいん?」 

と思っている人、どうかご安心下さい。 いい~んですgoodクゥ~~ッhappy02

というのも、058

こういうシーンもそうですが、通常これは 「減速のためのブレーキング」 だったり、人によったら 「曲がるためのブレーキングだ!」 という人も居るでしょう。 それでも話が合いません。

なぜならば親分は、「ここで目一杯チャージ」 の時間なんだそうです。

あっちこっちで 「ここでチャージ」 「こう来てここでチャージ、よしsign01」 

といった具合に、ハイブリッドならではの走り方・考え方によって、話が合わないこともしばしば。

そういう意味で話が合わないんですhappy01

今、四国で親分と話が合う人は居るんでしょうか? 早く親分の話し相手が見つかって欲しいです

・・・と書くと、「年寄りみたいな書き方するんじゃない!」 と怒られそうですcoldsweats01 

 

048体験クラスにあの村井さんがデビューです。 

ウェット初走行らしいので、今回のコースでウェット時の注意点を少しアドバイスしましたが、スピンクラッシュの餌食にならなくてよかったです。 走行後は 「思ったより滑りました」 ということなので、アドバイスしてよかったかな?

体験クラスは2本走行だけと思っていたら、クローズドと同じ3本走行でした。 

 

050クローズドクラスのジアロ木村さん。

 

 

 

R1クラスの面々です。 054055056057059        

 

 

 

R2クラスの面々です。 一台だけ向きが違いますが、気にしないで下さい。 単に撮り忘れかけただけです。sweat01060061062064065 066067068      

 

 

 

 

NS1クラスのたな会長。 SMC戦では惜しくも2位だったので、今回はもちろん○位を期待します。072  

何となく撮ってみた内田さんです。 073  

そうしたら、気が付くと1本目トップタイムでした。 

お~っ、撮っておいてよかったhappy01 

 

大御所たちの熱い視線です。077

 

 

 

RSKの親玉も会場入りです。 オーナー?の名物アナウンサーにこのランサーをどこで拾ってきたか聞いてみたら 「元全日本SCチャンピオンマシン」 なんだそうです。 092  

・・・flair、 

ってことは、07西フェス名阪で僕のライバルだったあの車!ということですね。 一応言ってることは間違って無いですからねsmile

 

2本目に向けて慣熟歩行です。 この頃ウェットからドライに変わりつつある微妙なコンディションでした。106

ダートラ車(スターレット)のリヤガラスで発見。101

ラリー関係者作の 「がんばろう!日本」 ですね。

オンボロミラージュ(失敬)から乗り換えた、あの西浦さんの車で、先日四国ダート選手権で2位入賞を決めていました。 

 

あっちこっちで2本目ドライコンディションに向けて、車をイジっています。108110 

こちらでは話し合ってます。112  

107こういうセッティングもあります。

ニューGPSらしい。 

 

 

2本目はほぼドライコンディションでスタートです。

体験クラス ウェット~セミウェット~ドライで走れた数少ない人です。 貴重な体験をしました。 正しく体験クラスsweat01124

クローズドクラス 木村さんも貴重な体験をしましたが、走りはだんだん師匠のあ○ぶき氏に似てきてるような気がします。smile126   

←も貴重な体験です。 ですがワコーズCUPで走り込めば←こうはならないですよ!、と言ってみたりして・・・smile  

 

 

R1クラスの面々130132134136139    

コンパクトカーに混じって超コンパクトカーのミラ児玉さんが3位に食い込んできました。

 

 

R2クラスの面々142144145148150152154156158           

この中で1台だけが2本ともミスコースをしてしまいました。

残念ながら、こ○ちゃんです。

 

コース図には載ってないこの緑パイロンが朝の慣熟歩行中に急遽2本設置されました。 全日本タカタ戦でポイントゲットした青EGが走りそうな(本人曰く「走るつもりでした」)、コンクリートの上を走らせないための、青EG対策パイロンです。164  

 

166会長はなぜかタイムが伸びませんでした。 ギリギリ表彰圏外の6位。 167  

どうしたsign02会長・・・。 

 

 

168まさかと思いながら、2本目も念のために撮っておいた内田さんです。 169  

路面コンディションは決して“内田さんが有利”ではないと思える状態でしたが、その後の優勝候補たちの誰もがベストタイム更新!とはならず、僕の見ている前で見事初優勝sign03

181今までワコーズCUPだけは速かった内田さんは、今回地区戦も 「あっ、今の速い!」 と思えるところが何箇所もあったので、もしかして・・・と思っていたんですが、やってくれました。

 

 

 

僕の狙いが甘かった のコーナー 

201青EGの他にもう一人全日本タカタ戦で活躍した人が、今回優勝してくれるもんだと期待して撮った写真です。

「やはりこの車はあまりにも速かったので、こんなにブレた写真しか撮れませんでした」 

という狙いで撮ったんですが、残念ながら単なる手ブレ画像に終わってしまいましたweep

今回もシャッター押そうかな?と思っていた時、小さな邪魔が2度ほど入りました。 

ちなみに、↑の人ではありませんでした。 どうもあっちこっちに潜んでいるようなので気をつけないといけませんねwobbly

 

203村井さんは近々2&4にて、パーツ交換を企んでいるそうですhappy01

次のイベントはどこに出てくるかは分かりませんが、きっと何かが変更されていると思います。

打倒sign01銀エッセsign03・・・かな? 

表彰される人とされない人の目の輝きが明らかに違いますね。

 

 

204206208211214218220223225

 

 

 

 

226TECとSPEC-Dが最多エントリー賞だったのですが、

 227

自然とこうなった訳で・・・bar

 

 

各1位にも米が副賞で用意されていましたが、何と!ジャンケン大会にもたくさんの米が用意されていました。

「表彰された人は参加できません」 ふむふむ、ところで気になるギャラリーは?・・・、「ギャラリーの人も参加OKです」 と聞いた瞬間 「やった~sign01」 と叫んだのは言うまでもないhappy01

FLからは、親分が1位で米ゲットしていたので参加できず。

まずはこんちゃんがゲット。

231続いて、たな会長もゲット。

最後にギャラリー枠で参加した、僕もゲット! 

あ~見に来てよかった~smile

235左がたな会長の米、右が僕の米。 といっても同じ物ですけどねdelicious 

 

 

  

239次回地区戦は、美川スポーツランドでエトワール主催で開催されます。

前日練習会も開催する予定で、詳細はJMRC四国HPに載せるそうです。

徳島・香川からはちと遠いですが、今年の西フェスもフルパイロンコースの奥伊吹で開催されるので、西フェスを狙っている人は練習がてら参加してみてはどうでしょうか? 

 

表彰者の後の時計を見てもらったら分かりますが、閉会式・表彰式は14:15開始だったので閉会式も早く終わり、会場を出たのは15:00前。 よ~し、今回は早めに出ることが出来たぞ!       

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

ジムカーナ会場 名阪スポーツランド編

奈良県の名阪国道のすぐ横にあり、近畿ジムカーナのメッカでもあり全日本ジムカーナの会場でもあります。

 

鳴門ICからの「やまナビ」です。 瀬戸大橋ルートは、よく分からないので誰かに聞いてくださいcoldsweats01

淡路島は居眠りに気をつけて、覆面パトカーのお世話にならないように走行してください。

まずは、淡路SAtoiletrestaurantgasstationparkingcafeで明石大橋でも見ながら休憩してください。  

 

阪神高速3号神戸線~大阪1号環状線松原JCT天理ルートが早くて安いのですが、走ったことがない人には大変なルートです。

阪神高速3号神戸線から松原JCTぐらいまでは道幅がそれほど広くなくてエスケープゾーンがなく、

その割りに飛ばす車が結構多いので勇気を出して頑張って走らないと逆に危険な目に合いそうな高速道路になっています。

注意danger 西長堀ランプ降り口の目の前にある阿波座左急カーブに気をつけてください。

警告の看板はあるのですが知らないで(気づかず)減速せずに進入するとほぼ間違いなく壁の餌食になるものと思っていてください。 

脅しではありませんsign03

無事左急カーブをクリアすると、そのまま16号大阪港線の右車線を進むことになり、

少し走ると右側から環状線からの合流で3車線の真ん中を走ることになります。

3車線になると一番右車線へ車線変更upwardrightしてください。

ちょこっと走るとそのまま東船場JCT1号環状線右カーブします。 

右カーブから2車線になっていてここで左車線を走行してください。 

1号環状線の本線4車線の一番右側に合流するので、早めに左側2車線に車線変更upwardleftupwardleftをしてください。 

右2車線のまま居ると、高津分岐から 「ぶらり環状線1周の旅」 に出かけることになります。 

時間が有るなら 「ぶらり」 も有りですがsmile、 

「ぶらり環状線1周の旅」 をしたくない人は、

左側2車線から高津分岐天理・松原JCT方面へ直進してください。 

そのまま走り松原JCTを直進し西名阪道に入ると、香芝SAtoiletrestaurantgasstationparkingcafeがあります。 

そのまま進み天理ICで高速道路有料区間は終わりで、道なりにそのまま無料区間の名阪国道に入ります。 

一見高速っぽいですが西名阪道より少し狭く、間違いなく一般国道です。

針ICで降りると、

ファミリーマート24hoursと道の駅parking(どちらかにそれらしい車がいるハズですhappy01)とガソリンスタンドgasstationがあり、

休憩や最後の食料調達場所、時間調整などはここでしてください。

その道をそのまま南下するとホームセンターがあります。

名阪スポーツランドは 針ICの次の「小倉」 で降りますが、

Jgc_r4_003_2  降り口はいきなりほぼ90度左折sign01となっています。

Jgc_r4_004_2  すぐに側道を右折のあと、

 

 

 

Jgc_r4_006 道なりでは左斜めになってますが側道の右斜めupwardrightに入ります。

正面に看板があります。  

Jgc_r4_008 名阪国道の下をくぐり、

Jgc_r4_014_2  左に名阪国道を見ながら少し走り

 

 

 

Jgc_r4_015_2 再度名阪道の下をくぐるトンネル左折

Jgc_r4_016  

 

 

 

Jgc_r4_017 名阪国道の下をくぐると、すぐに上り坂になって突き当たり左に名阪SLの入り口があります。 

Jgc_r4_019 2015年全日本は←この先右側のどこかの会社の空き地?がギャラリー駐車場です。  

Meihan_001 そのまま突き当たり左側にゲートがあり、到着motorsportsです。

←は2014全日本の時です。

 

 

備北はAとBコースがありますが、名阪はA~Eまであります。

Jgc_r4_025 ゲート入ってすぐ右折した目の前にA・Bコース(AとBは内周と外周・・・なのかな?)のピットがあり、

Jgc_r4_062 A・Bピット手前を右折して道なりに少し進むとEコースがあります。

 

 

 

名阪で主に使用されているCコースへは、入口ゲートを直進してCコース脇を直進して左下に降りた所がCパドックになります。

06_81Cパドックへ降りずに、正面下の奈落の底みたいな広場がDコースとなっています。 

06_128奈落の底から見た急勾配です。 

Dコースは、一部のジムカーナ練習会と西フェス以上のパドックや関係者駐車場として使われています。

 

近畿地区戦・ミドルで使用されるコースはCとEコースで、A・Bはジムカーナでは全日本・JAFCUPのパドックとして使われます。

 

Cコースは、親分曰く 「雨rain降るとすっごく滑るsign01」そうです。

1コーナーのイン側はドライでも滑りやすくなっています。 

全体的にもどちらかというとグリップは低い方ではないかと思います。

場所が山の中なので、天気予報が当たらない事が多くて雨rainが降りやすく、

3月でも雪snow中止になることもあるそうです。

普通に走るだけだと楽しいコースですが、全開で攻めると怖くなる名物コーナーも存在しています。

 

まずは一度全日本の観戦に行ってみてはどうでしょうか?

イベント参戦はその後からでもいいと思います。

 

来た道をそのまま帰るとこれまたやっかいなのが環状線なので、気をつける所を書いてみます。

松原JCTからしばらく進んで1号環状線に入ると、

信濃橋ランプ降り口を超えてからすぐに本命の西船場JCTの分岐があるので間違えないようJCTへ入ってください。 

西船場JCT左カーブを曲がると16号大阪港線の3車線の一番左車線になるので、

一番右側の車線まで車線変更upwardrightupwardrightしてください(右後方確認は忘れずにsign01。 

すぐに右側から阿波座ランプからの合流があるので、ここから4車線の右から2番目の車線を走ることになります。

右側2車線がそのまま阿波座JCTから3号神戸線へ進むようになります。

ここさえ曲がれたら後は名谷JCTまでしばらく安泰です。 

 

danger名谷JCT手前に垂水PAがあるので間違えて垂水PAへ入るもよしsign02smile

間違えずに名谷JCTへ進むもよしsign02

名谷JCT「徳島」の文字を目指してupwardleftに分岐したらもう一度分岐が迫ってくるので再度upwardleftに分岐してください。

「 左upwardleft ⇒ 左upwardleft 」 です。

少し走ると更にもう一度分岐が迫ってくるのでまたまたupwardleftに進んでください。

しつこい様ですがもう一度分岐がやってきますが、

今度は右側upwardrightへ進むと大きく右に旋回したら料金所があるので、

料金所を超えると明石大橋手前のトンネル入り口手前に本線と合流します。

「 左upwardleft ⇒ 左upwardleft ⇒ 左upwardleft ⇒ 右upwardright 」 分岐は4回、コンティニューのように覚えておくと便利かも?

 

いくらナビがあっても連続で迫ってくる分岐をナビの画面を確認しながら運転していたらあさっての方へ行ってしまったり、

事故に繋がる危険性もあるので、充分気をつけて運転してください。

無事明石大橋が見えてきたら、「やっぱり明石大橋はでっかいなあ と思いながら

Jgc_r4_373_2 淡路SAtoiletrestaurantgasstationparkingcafeで休憩してください。 

Jgc_r4_367_2タイミングが合えば明石大橋のライトアップの色が

時間と共に変化するのが見れるかもしれません。 

気分転換にはもってこいです。

やはり帰りの淡路の高速道路も、たぶん睡魔sleepyが襲ってくるのでその対策もしておいてください。 

そして、「やっぱり鳴門(大橋)は明石(大橋)と比べると小さいなあ」 と思いながら四国上陸です。

 

鳴門ICからまだ距離がある人は、気をつけて走行してください。 

僕は鳴門ICで降りるので、ここでみなさんとお別れです。

それではみなさんごきげんよう、じゃpaperhappy01

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »