« フォーランド奮闘記 2008 TEC №2 | トップページ | フォーランド奮闘記 2008 DCR »

2008年8月24日 (日)

フォーランド奮闘記 2008 SKMC

009_27戦から2週間後に早くも第8戦がありました。モーターランドたぢかわで高知のSKMCが主催です。

  

011_2当然第7戦と同じようにこの日も猛暑で暑さとの戦いを予想してましたが、前日から急に涼しくなりこの日も1日中涼しく、朝の受付の時は曇り、テント内で24℃!風もそこそこ吹いてましたので慣熟歩行も結構快適でした。

昼過ぎでもテント内30℃(風ありで快適)、テント外(直射日光)で42℃、路面温度47℃と去年とはエライ違いでしたね。

                

127 早くから会場入りしたという親分は絶好のポジションに陣取り、こういう所には自然と人が集まります。おかげでビデオ撮影も快適に撮ることが出来ました。

 

053こんちゃんのJ22台のエントリーと寂しいのですが、SMC戦に続いてたぢかわで速くなったこんちゃんはイクハラさんからお褒めの言葉を頂いていましたね。

 

066 親分は自宅を出た後、道中アクシデントがあったらしく今日の親分を暗示していたんでしょうか。1本目スピンで脱輪、その後走行を続けるもなんとガードレールに軽くヒット!更に2本目は一瞬コースを忘れてしまい一時停止。その直後、横に居たこんちゃんが一言「年取ったらこうなるんよ(笑)」って笑いながら言いますが、こっちは笑っていいものかどうかの判断が難しい。

 

014187_2Dクラス5台成立しましたがおこぼれの3位表彰。歩くのがしんどいのでブリーフィング・表彰式などで歩かなくていい様に本部席に一番近い場所に陣取り、予想通り日陰を求めてテントに人が集まった・・・以外これといってネタ無し。

 

 

108151J3サトウさんは2台のみで不成立。しかしこの不成立でサトウさんのシリーズチャンピオンが確定し、J3クラスは2年連続ラジアルタイヤ装着車がチャンピオンとなりました。

 

025 かねやんはサービス参加で嫁だけがエントリー。

そのかねやん嫁は1本目ミスコース、2本目親分と同じところでスピンでしたが脱輪無し、その後ミスコースしかかってバックギヤが活躍してしまい親分並みに撃沈でしたがこちらは無傷の5位フィニッシュ。

 

083_2078_2089140最初は気付きませんでしたが後で写真を見るとJ1表彰は全員シティ乗りでした。

1位はチャンピオン確定。コイズミ嫁は2本目逆転で2位。3位は奮闘中のミネダさん。4位が今シーズン1勝しているタナカ嫁。

 

023024021クローズドクラスは、ワコーズCUPの仲間たちが123位独占!1位フィットのトヨナガさん。2位ロードスターのコマツさん。3位パッソのアカギさん。

 

134 今回もSMC戦に続いて親分に呼び出された?というヤスさんが、仕方なく?高知に遊びに来て、仕方なく?応援に来てました。2本目終了後に仕事で作っているという、どこかの天然水(笑)を差し入れで頂きましたが1本目前に飲んでいたらもっともっと好タイムが出てたのになぁ(笑) 

 

192レディース賞はいつものメンバーで、よ~く見ると身長順に並んでます。

 

166 SA1クラス、オカムラさんが優勝してチャンピオン確定です。23位の足元と46位の片手に缶ビールが・・・どうも景品ではないようですし何かソワソワしてます。

 

174 2位以下のビールはもちろんこうなりました。ビールやコーラやアクエリアス?、水は無かったようですね。

 

171 更に脱ぎ捨てた靴にビールを注いでいるこの人もN4チャンピオン確定なんですが、こんな事をするのはあなたしかいないでしょう(笑) 

 

   

 

珍しいことに最終戦を残して全クラスでチャンピオンが確定しました。

J3 サトウさん (FL

N2 タケザキさん (YOU

N4 クワハラさん (TEC

SA1 オカムラさん (YOU

SA2 ムラヤマさん (SMC

ワコーズCUPのゆかいな仲間たちから5名がチャンピオンを獲得しました、おめでとうございます。

そしてフォーランドクラブ員のサトウさんが去年はワコーズCUPチャンピオン、今年はジュニアチャンピオンと順調にステップアップしています。

 

最終戦は2位以下のシリーズランキング争いで盛り上がることでしょう。

 

|

« フォーランド奮闘記 2008 TEC №2 | トップページ | フォーランド奮闘記 2008 DCR »

四国地区戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォーランド奮闘記 2008 TEC №2 | トップページ | フォーランド奮闘記 2008 DCR »