« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

2008年ワコーズCUP 第3戦 №61 「夏の陣」

お久しぶりです、フォーランド広報部員・記者/カメラマンのやまさんです(笑)。
部長のうどんさんは会場入りしてましたが所要のため受付後帰られました。

第3戦は全27台エントリーでしたが1台不参加なため、26台+試走3台のみの大会となりました。

033

しかしまぁ朝から「暑い」の一言です。こんな時は体調管理が一番大事ですね。11時ごろのテントの中で37℃、直射日光で50℃!、路面温度が午前で50℃から60℃まで上昇と溶けるような暑さでした。

174

さて今回のコースですが午前は中間計測まではイケイケコースで、中間後はテクニカル設定で意外と狭い5本スラロームにかなりの人が苦戦していました。

016
  
午前は4本走行で選手・オフィシャル共に頑張っていましたが、僕は皆さんの頑張っているところを写真に収めるために3・4本目は走行しませんでした・・・というより暑いから走行しませんでした、が気持ちの8割を占めていたりして・・・(笑)

178

午後はいつものように多少変更して、前半は少しコースが延びて後半はターンの順番とスラロームが4本に変更。             

しかししかし午前のカンカン照りとは打って変わってどんよりした曇りになりました。

233
                   
前々から聞いていましたが、今回から親分の愛娘がオフィシャル参加していて色々と頑張ってくれていました。いずれは親分のサービス要員?でデビューさせたいそうな・・・。

昼休みは冷房の効いた食堂でオフィシャルは豪華昼食です。幾原講師は食欲旺盛であっという間にたいらげていました。積極的にオフィシャル参加していただいた方は漏れなく昼食と親分からの「ありがとう」が付いてきます(笑)。オフィシャル希望者は事前にFL事務局まで連絡を。なんならそのままFLに入会しても構いませんよ(笑) 

185  本番2本目の試走時からポツポツと大粒の雨が降ってきてS1クラス途中からそこそこ降り始め、このようにNFMR出走時はもうフルウェット。更に僕の出走時に土砂降りとなってしまいました。結局出走の早かったS1クラス以外は1本目で勝負が決まりました。

214
                        
あまりの雨量でSA1チャンピオン尾崎選手のスラロームラインがハッキリ見えます。

そして、聞くところによると僕の2台後の車がハイドロでスタート正面のワコーズの旗めがけて一直線。更にインテグラもハイドロで2コーナー内側に直進!ハイドロプレーニング(又はアクアプレーニング)になってしまうとどんな車でもどんなタイヤでも操縦不能になります。一般道でもこんなことは有り得る事なので雨の日は気をつけましょう!

カンカン照りと土砂降りを走りぬいた勇敢な戦士達です。

097_2 S1クラス しばらくご無沙汰で復帰1戦目で2本目逆転優勝の峯田選手(GA2シティ)は、午前1本目で大煙幕攻撃を放ちつつ、よ〜く見ると午後のコースの中間〜ゴール(区間2)タイムはEクラスも含めてベストタイム!です。

123

S2クラス 最近みょーに調子がいいこんちゃんを打ち破って優勝した林選手(FC3S RX7)。世間ではRX7といえばFD3Sですが、FC3Sで参戦とまだまだ現役です。

017

NKクラスは1台のみ参加の西村選手(EA11Rカプチーノ)。午前の5本スラロームはさすがの西村選手+カプチーノでも苦戦したそうです。午後2本目は始めてカプチーノのウェット走行だそうで、サービス精神旺盛?の西村選手は観客の目の前で大パフォーマンスを見せてくれたそうです。 

029

NFFクラス 4台エントリー中1台不参加で3台の出走。何とジムカーナが初めてという本田選手(NCP10ヴィッツ)がデビューウィン!しかしこれで驚いちゃあいけません。それは・・・後ほど。

037

NFMRクラス 前年チャンピオンのS2000と同じロードスターを打ち破った西井選手(NA8Cロードスター)が優勝。林選手とのタイム勝負で負けたのが悔しかったそうです。

138 N4WDクラス 3台のフォーランド・TY・R1R・ランサー対決となり、オーナー殺しを目論んでいた僕を尻目に見事?当然?の優勝のサトさん。 

060_2

午後2本目一番コンディションが悪い時に走行せざるを得なかったEクラスも当然1本目勝負で、1位がSA1チャンプ尾崎選手、2位が絶対に車を壊したくなかった山崎選手。

   

お楽しみのじゃんけん大会のコーナー!
271 272 まずは、グローブが2名。尾崎選手とジムカーナデビューウィンの本田選手。本田選手は参加した甲斐ありましたね            

277 競技車両にはぜひ欲しいクーリングシート。これはスイッチを入れるとシートの中から風が出てきて背中が汗をかかなくなるという優れもので、エアコン装着車で足元から冷風を出すと、こちらはもう完璧です。これをゲットしたのは、・・・またあんたかいな(笑)そう本田選手です。デビュー戦でこんなにいい思いで帰ることが出来るなんて、日本全国探してもそうそういないでしょう。         

280 工具入れカバン(バッグ)は、もう既に地区戦クローズドクラスで活躍していてワコーズCUP初参加の豊永選手。地区戦などで活用して下さいね。

284 最後のメインディッシュのTOYO賞でございます。
嬉しくて嬉しくてしかたない満面の笑みの鈴木選手。実は以前嫁さんがTOYO賞をゲットしていきましたが、今度は旦那の番です。      

235 結局雨は午後2本目スタート時に降り始め2本目終わった直後に恐ろしいくらいに見事な晴天となり、表彰式は青空の下で進行することができました。カンカン照りか土砂降りってその間って無いんかい!と突っ込みたくなる1日でしたが、何とか無事に大会を終えることが出来ました。選手・オフィシャル、そして少数でしたがギャラリーの皆さん大変お疲れ様でした。  

2週間後、TEC主催の地区戦があります。VIPゲストが来るらしいのでその時のレポートも期待していてください。
次回ワコーズCUP第4戦はしばらく先の11月2日で、たくさんの参加をお待ちしています。
ではでは・・・。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »