ジムカーナ会場 四国地区・近隣地区

2016年7月26日 (火)

ジムカーナ会場 モーターランドたぢかわ編

モーターランドたぢかわ にへのルートについて書いています。

   

管理者は、ネッツ南国となっています。

1990年代に、大豊ICすぐそばにビスタランド大豊というところがあったらしく全日本ジムカーナも開催されていたそうですが、

今は現在の場所に変わって地区戦までの開催しかやっていません。 

地図で見ると、四国のど真ん中。 高知道の新宮IC大豊ICの中間ぐらいの高速道路横にあります。

171始めてたぢかわに行くという人、

まだハッキリ場所を覚えてないという人は、

高知道の立川PAで場ゲートオープン約30分前には誰かそれらしい車が居ると思うので(笑)、

そのそれらしい車に付いて行くという手もあります。 

それらしい車が居てもその車がモーターランドたぢかわに行くとは限らないので、その時は気をつけてください。

手っ取り早く事前に主催者やショップなどに教えてもらうのが一番ですが(電話でも優しく教えてくれますよ)、

とりあえず↓を見ていってください。

   

モーターランドたぢかわ

川之江東JCTから立川PAまでは飛ばさなくても約20分ぐらいで到着します。

立川PA[1]からスタートします。

221新宮ICで降りずに大豊IC[3]で降りてください。 

新宮ICで降りても行けますが降りてまもなくすると、

狭くて長いクネクネした山道を通らなければならないので大変です。

dangerこの地域は冬になると、よく国道32号高知道が雪snowで通行止めになることが多いので、

新宮IC降りてからの県道5号線森の中ルートも冬や春先は積雪や路面凍結もあるので、

交通量が極端に少ない「新宮IC経由、県道5号線森の中ルート」 はお勧めしません。

(く○ぴー情報)  

 

Mlt_2大豊IC料金所をくぐり一般道439号線交差点を左折[4]

012_2約200m先にあるゆるい左カーブにあるT 字路を右折[5]、

ここから5号線を通ります。

 

 

Mlt_5[5]を右折するとトンネルがあります。

019トンネルを抜けたらすぐに吉野川をまたぐ赤い鉄橋があり、

渡った先はT字路になっているので右折してください。 

 

017dangerトンネルは下りになっていて油断していると意外とスピードが出るので、

トンネルを出たらすぐに減速するぐらいの気持ちで早めに減速をして、壁に刺さらないように気をつけてください。 

 

023以前減速しきれずにウォールタッチした車が実際に居たそうです。

 

 

 

0201_2大豊ICからだとほとんどがセンターラインのある2車線なので通りやすくなっていますが、

意外と言っちゃあ失礼ですが民家が結構あるし、

住民が道路脇に立っていることもあるし、

地元車両とすれ違う事もあるので、民家付近はそ~っと安全運転で走ってください。

民家前走行はどこの会場でも同じです。

    

Mlt_9高速道路を上に見ながら約20分走ると、

Mlt_10確実にすれ違い出来ない狭く短い橋を越えたら

Mlt_11左側にモーターランドたぢかわの看板があるので

そこで左折[7]

ここを左折せず真っ直ぐ(画像右の方)しばらく走ると道は狭くなっていて、

少し走ると高知道笹ヶ峰トンネルの真横を通るので、ここまで来ると迷子です。 

お勧めしない新宮IC降りてからの「新宮IC経由、県道5号線森の中ルート」はここ[7]に到着します。 

 

Mlt_12[7]を左折したら短い橋を渡り、

027左右への道がありますが、

正面左上に登っていく道(ガードレール[8]にあるゲート(ここが会場のゲート)を通り、

   

 

298Mapでは[8]で終わってますがここから続く右ヘアピン~左ヘアピンを繰り返すかなりきつい上り坂を登ってください。

   

 

 

Mlt_21027「どこまで登るんだろう?」と少し不安になるころ、会場に着きます。 

写真左が誰もいない景色、写真右がパドック一杯の景色。

  

  

046登りきったところにある見るからに広いところがパドックになります。

練習会では早い者順で自由に車を停めてください。 

ガードレール側プレハブ倉庫横辺りがお勧めです。 

残念ながら陣取れなくても草の所が観戦自由となっていますが、

排水溝とガードレールの間はオフィシャル以外立入禁止になっています。

 

  

Mltコースは、カートコースとパイロンコースが混ざったような感じになっています。 

島周りなら大抵は1速を使用し、3速は一瞬しか入らないので車速域はTKLとそんなに変わりません。

フルパイロンコースの愛媛県美川スポーツランドがありますが、

遠い人はたぢかわでパイロンの練習が出来ます。

165現地に行けば分かるのですが、コース・パドック全体的に傾斜があります。 

上のコース図の下側が低く上側が高くなっているので、

駐車していてもサイドブレーキを引いていないと車はあっという間にどっかに走り去っていくので要注意dangerです。 

画像↑のジャッキアップしている青EGぐらいが水平・・・かな。

Mlt_574標高500mぐらい?の山の中なので天気はよく変わるし、

何と言ってもよく風が吹いて強風dashになることが多々あるので、

テントや軽い荷物等は飛ばされないように風対策も必要です。

肝心な事ですがここは仮説トイレがあるだけで、

食堂・自販機はもちろん水道すら設置されて無いので、各自で用意しておかないといけません。

コンビニは池田からの32号線にサンクス大歩危店24hoursがありますが、大豊ICから約30分と結構時間が掛かります。

011大豊IC入り口[4][5]の間にショッピングプラザおおとよ(右の赤い建物)というスーパーが有りますが、

開店時間は確か9:00から(だったかな?)なので、コンビニかどこかで事前に買いだめしておかないと現地で困ることになります。 

ガソリンスタンドは、32号線439号線の交差点付近にありますが、すんません、開店時間は分かりません。

なので、朝一でモーターランドたぢかわへ行く場合は、何もかも準備してから行くのがいいでしょう。 

「そんな事言うてもやっぱり現地で何とかなるんちゃう?」 と思っている人は、

「・・・書いてた通り、何ともならなかった・・・crying」 となる事ほぼ間違いないのでそのつもりで・・・。

 

モーターランドたぢかわでのジムカーナは僕が知っている限りでは、

地区戦が年2戦(SMC、SKMC主催)。

そのSMCがSMCカップという初心者向けの走行会・大会を年数回開催。

練習会は時々どこかが開催しています。

  

以上が、モーターランドたぢかわです。

 

 

| | コメント (2)

2016年7月14日 (木)

ジムカーナ会場 美川スポーツランド編

2009年にJAF公認ジムカーナ場になった美川スポーツランドを紹介します。

ある程度は、西フェスの時のブログに書いていますが、もう一度書いていきます。

ここは、全日本久万高原ラリーのHQにもなっている所で、

2016年全日本ジムカーナ選手権の会場にもなりました。

分かりやすくいえば 「元 美川スキー場skiの駐車場parking」 です。

 

美川スポーツランド

  

松山ICを降りたら突き当りを右折し、国道33号線に出る交差点signalerで、目の前に松山南警察署があるのでまた右折[1]してください。

そのまま南下すると砥部動物園近くを通り、

交通量が少ないと平野部は約15分。

山道(片側1車線)に上りはじめて、しばらく走ると2012年に[3]三坂峠を迂回するバイパス(無料の三坂道路 自動車専用道路)が開通。

バイパスから33号線に合流して[4]道なりに走ると、[6]の手前右側に

004_2 「道の駅みかわ」 があります。

  

  

  

006_2道の駅から少し走ると橋の手前に信号があって、  

007_2橋を渡ったすぐに、  

008_2左カーブの正面に[6]右斜めに上って行くわき道に入ってください。  

009_2あとは道なりに

約20分ぐらい?走ると、

  

  

020_2 左側[G]に会場があります。 

←西フェス時の画像で、全日本も同じ感じ。

普通に走っても、徳島道土成ICから会場まで約3時間、

高松道高松中央ICからも約3時間で到着出来ます。

「道の駅みかわ」[6]さえわかっていれば、迷子にはならないでしょう。

 

201会場は、下段のジムカーナコース、

11_31中段のパドック、

上段の白銀荘↓(地区戦ではパドックらしいcoldsweats01)、に分かれています。

12_3113_32  

 

 

046 036_2 白銀荘の前から90度右に向くと中段駐車場(パドック)、  

 

 

 

030031032白銀荘から真後ろに振り返ると

下段駐車場のジムカーナコースを見渡せます。

←晴れた朝の慣熟歩行。

  

R5_019R5_018R5_017←霧の中?雲の中?の朝の慣熟歩行。

標高1100mぐらいなので、全日本ジムカーナのときは、

  

  

R5_095霧なのか、雲の中なのか分からないぐらい360度真っ白になってました。 

天候が相手なので善し悪し関係なく、

「これが美川だsign01」 と認識しておいてください。

 

敷地はそんなに広くなく、主に1速と2速を使うコースです。

路面は粗く、砂が多いので滑りやすいそうです。 

しかも練習会で新品Sタイヤで一日中走行するとカットスリック並みに磨耗する、と風の噂で聞きました。 

 

22_31これまた手ブレですんませんが、画像は中段駐車場奥出入口から出た帰り道[G]地点です。 

ここを右に行くと、

6_21下段駐車場parkingのゲートがあります。

 

 

 

水道・トイレの設備は整っています。

自販機は・・・あったような気がします。 

  

「ちと遠いなぁ」 という人もいるでしょうが、フルパイロンコースを経験できるので、

練習会でも良いのでまずは足を運んでください。

2016年はエトワールとMACが地区戦を主催して、

エトワール・瀬戸風・DCRが全日本を主催します。

     

以上が、美川スポーツランドです。

| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

ジムカーナ会場 徳島カートランド編  2016/1/29更新

今回取り上げたのは、徳島県吉野川市美郷(みさと)にある、徳島カートランド(TKL)です。

ワコーズMOTIVEジムカーナ ビギナーズCUP・HP 「アクセス」を開くと略図が見れます。

 

徳島市近辺からは、一般道を走っても1時間ぐらいでTKLに到着するので、

徳島県内の人は高速を使わない方がいいでしょう。 

  

香川からの人も高速は使わない方がいいそうです。

川之江東JCTルートや、鳴門JCTルートは遠回りで時間が掛かるし、

高速道を使わなくても時間はほとんど変わらないそうです。

  

最寄のインターチェンジは、

西からは、徳島道 脇町IC。

東からは、徳島道 土成IC

    

徳島カートランド

では、「MapFan」↑ と 「やまナビ」↓ を駆使して、案内をしてみます。

 

吉野川北側の県道12号線からだと、阿波市阿波町元町交差点signaler[1]県道3号線へ南へ曲がり、

001吉野川南詰にある消防署前(←画像)を通り、

約500m先にあるホームセンターのコーナンの前を通ります。

 

  

 003コーナンから約500m(吉野川から約1km)進んだ

国道192号線山川町交差点signaler[2]国道193号線(南方面)直進。

←北側からの写真。

signaler[2]に、閉店ガラガラemptyのセルフガソリンスタンドgasstation(画像左奥)、四国銀行bank(画像右奥)、があります。

どのルートでもこの交差点から南方面に進みます。

  

R1_283←192号線徳島市方向からの写真

R1_284 ←192号線三好市方向からの写真

   

ここから約10分でTKLに到着します。

 

  

006注意danger 

国道193号線へ入ってすぐの上り坂(グレー路面)

橋の継ぎ目などで道が平坦でないので、

ノーマル車両でも徐行で走行しないと 「ガッタンupガッタンdown」 と、

振動で助手席で居眠りsleepyしている人は間違いなく目が覚めます。

競技車両ならもっと大変なことになるかも知れません。  
  

296帰りの下りも←画像の継ぎ目の所を徐行で通過せず、

勢いついたまま50km/hぐらいで通過してしまうと競技車両なら

車のどこかが壊れても不思議ではないし、

298その先の交差点の停止線で止まれないかもしれないので、

下りは特に要注意です。

つまり、徐行、徐行です、徐行。

競技車両で荷物満載の下りでは、さすがに危険ですよね。

急ブレーキして停止線で止まれても室内の荷物が一気にフロントガラスめがけて飛び出してしまったら、

本当にエライことになってしまいます。

  

国道193号線を進んでトンネルを抜けると

R2_013 春なら桜cherryblossomの横を通過

 

 

 

R1_286 左側にある交番の前を越えたらすぐ左折[3]

013R1_288 左前の壁に看板あります。 

  

  

  

ここから道は狭くなり、たま~~に地元車両とすれ違うので細心の注意でゆっくり走行してください。 

015民家の前を走って山が開けて多くの民家houseが見えたところで右折[4]

R1_289 右前に看板あり。

「看板はあったけどほんまにこの道で合ってんのかな?」と

少し不安coldsweats02になりながら道なりに約5分走ると、

 

001左側にカラフルなゲートが表れて、TKL入り口[5]に到着motorsportsです。 

お疲れ様でした。 

ビギナーズCUPでは主催者からの指示がない限りは、

こちらのゲートにお入りください。

002_3地区戦パドックはゲートに入らず、直進して約50m先のパドックを使用します。 

R2_300 ビギナーズCUPの時、ギャラリーの方は邪魔にならなさそうな端っこに駐車してください。    

地区戦の時は、更に奥左側の未舗装路がparking駐車場になります。  

  

     

003 ゲートから入るとメインのパドックparkingがあり、

 

 

 

151冷暖房完備のクラブハウス(食堂restaurant

ワコーズの油脂類も絶賛販売中sign01 

 

 

153手洗い洗剤有りの水道・流し台と、

男性用・女性用のトイレtoiletが食堂裏に設置。

画像左の白い路面を裏山に登っていくと↓、

 

コースを一望できる観覧スペースに行けます。

R1_427 R1_428 R1_429 R1_430   

 

  

  

  

001_2150円~の自販機が食堂内とパドックに設置

004パドックの自販機横に、自由freeに使ってもいいエアコンプレッサー設置

 

 

 

008 009 ピット横には、冷暖房完備のドライバー控室がありますが、

主催者が使用していなければ、

ドライバーでなくても誰でも利用してもOKです。 

  

  

R1_305R1_306 ピットには、ジャッキ、100Vコンセント、テーブル、イスchair多数、放送設備マイクkaraoke有り。

夏は扇風機、冬はストーブが設置。

  

  

R2_019_2 ピット内の駐車スペースは乗用車4台分。  

 

 

 

   

008_2画像左側にはコントロールタワー。

 

  

 

008朝一の管理人によるコース清掃です。

毎回きれいにしてくれます。

スタジアムみたいに明るくはないですがナイター設備nightも有り

  

  

026249_3333_2少々の雨でもグリップは高い方ですが、

ゲリラrainを受けるとすぐに川が出来てしまい、

低い所は池も出来て、WRCの川渡りみたいになる事があります。

    

R1_408R1_150ゲートに入った右側に薄茶色の犬dogが居るのですが、

一度袖をガッチリ噛まれて放してくれなかったことがありsweat01

袖を噛まれたまま犬を抱きかかえて走行しないといけないのかな?と少し焦ったことがあります。 

目つきは良いとは言えないかもしれませんが、人懐っこくて中々いいヤツdogですよhappy01

     

以上の様に、申し分なく居心地の良いJAF公認ジムカーナコースとなっています。

カート・バイク・ドリフトの世界選手権や全日本で活躍している(活躍した)人たちの中に、

TKLで腕を磨いた選手が多数いるそうです。 もちろん全日本ジムカーナの中にも・・・happy01

 

 

2016年のTKLジムカーナ大会予定は、

楽しい雰囲気の地区戦が2戦(TEC、OWL主催)

MOTIVE主催 ワコーズMOTIVEジムカーナ ビギナーズCUP 5戦

他にも、多数のジムカーナ走行会だけでなく、

カート、バイク、ドリフトなどの予約も入っている人気のあるコースです。

     

では、今回はこのくらいで、じゃpaperhappy01。 

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

四国の各ジムカーナ会場までの距離・更新

以前にも書きましたが、四国の各県庁からジムカーナ会場までの距離 を、少々内容変更しました。

  

変更内容

宇高国道フェリーは、休航となったので削除しました。

  

TSタカタサーキット と 岡山国際サーキット 追加

タカタは、「岡山道経由」の中国道ルート。

TAMADAは、山陽道ルート。 

九州・おおむたから恋の浦へ変更

「高速のみ」 と 「宇和島運輸フェリー経由」 を記載。

「高速のみ」 は山陽道ルート。

「宇和島運輸フェリー経由」 はフェリーの航行距離(乗船中)は含んでいません。 

  

四国内だけでなく四国近辺の主な会場も出しているので、

「○○は思っていたより近いなあ」など、何かの参考にしてみてください。

  

近道やこっちの方が早いのに!といったことは考慮していません。 

MapFan」 を使った 「一般的」 と思われるルートで出しています。

基本は高速を使用するルートで、

瀬戸大橋ルートを (瀬)

鳴門~明石大橋ルートを (鳴~明)

西瀬戸道・しまなみ街道ルートを (し)

高速を使わない一般道ルートを (一般道)

と表記しました。

  

           徳島                 香川                             高知                                 愛媛                            
四国
徳島カートランド   36.3km(一般道) 57.1km(一般道) 131.1km 163.0km
モーターランドたぢかわ      139.9km 96.5km 52.1km(一般道) 121.4km
瀬戸内海サーキット        163.1km 127.7km 125.2km 38.5km(一般道)
美川スポーツランド        238.8km 202.9km 85.2km(一般道) 54.9km(一般道)
中国
備北ハイランドサーキット      188.9km(瀬)   125.5km(瀬) 209.2km(瀬) 236.2km(瀬) 
なださきレークサイドパーク     131.0km(瀬) 67.6km(瀬) 151.2km(瀬)  178.3km(瀬)
スポーツランドTAMADA         277.8km(瀬) 217.7km(瀬) 297.4km(し)   301.0km(瀬) 197.4km(し)
TSタカタサーキット   308.7km(瀬) 244.8km(瀬) 327.8km(瀬) 195.7km(し)
岡山国際サーキット   189.0km(瀬) 128.8km(瀬) 211.9km(瀬) 240.3km(瀬)
近畿・中部
名阪スポーツランド         206.6km(鳴~明)   254.8km(鳴~明)   408.2km(瀬)   435.2km(瀬)  
鈴鹿サーキット南コース   266.4km(鳴~明)   314.6km(鳴~明)   449.9km(瀬)   477.0km(瀬)  
奥伊吹モーターパーク   295.2km(鳴~明)   344.0km(鳴~明)   478.6km(瀬)   505.9km(瀬)  
九州
スピードパーク恋の浦   544.9Km(瀬)   480.9km(瀬)   564.0km(瀬)   485.4km(し)  
宇和島運輸フェリー     経由   421.3km   384.2km   381.5km   240.4km  
324.0km           高知~八幡浜(一般道) 
  

意外だったのは、

「徳島県庁~瀬戸内海サーキット」 と 「愛媛県庁~徳島カートランド」 の距離がほぼ同じだったこと。

たぢかわが、やはり四国の真ん中って感じの距離になってます。

海外進出(海の向こうへの遠征coldsweats01)を考えている人は、

鳴門~明石大橋 ・ 瀬戸大橋 ・ しまなみ街道 ・ 宇和島運輸フェリー、

の4つのルートがあるので、

地元の全日本ドライバーやベテラン達に聞いてみてください、それが一番です。

ではみなさん、四国で活躍して各地へ遠征して更に活躍することを期待していますgood

では、ごきげんようpaperhappy01

  

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

ジムカーナ会場 なださきレークサイドパーク編

今回は、岡山県岡山市のなださきレークサイドパークです。

僕は行ったことがないので、MapFanで表示したルートも合っているかどうかもハッキリいえませんのであしからず。

 

なださきレークサイドパークのルート

なださきレークサイドパークHP 

 

瀬戸大橋を渡り、水島ICで降りて東に進み、15~20分ぐらい?で会場に到着するそうです。 

Dscf00241他地区なのに地元並みに近くて、生活用品調達のため?に参加していると思われるエノさんとタイワン野郎お気に入りの、

豪華景品(日用雑貨も)でも有名な 「チェリッシュジムカーナ」 が開催されているコースです。

過去には、へぼ兄さんも通っていた?大会・コースです。

 

エノさんとサトウさんの奮闘記 in岡山編 でも書いていますが、「ながさき(長崎)」 ではなく、 「なださき(灘崎)」 なのでお間違いのないように。

  

Dscf00081_2縦に細長く教習所の様な、交通安全講習みたいなのが出来そうな、コースが特徴です。

2009_0823_135200aa1エノさんとタイワン野郎に聞くと、

ランサーだと直線は3速まで入る時もあるけどコーナー(ショートカット)は1速使用で、

シビックなどはグリップですがランサーはサイドちょん引きを多用するコース設定が多いそうです。

2011年にJAF公認ジムカーナコースを取得したコースです。

   

まずは簡単に書いてみました。

新しい情報が入れば、随時書き込んでいきます。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

ジムカーナ会場 鈴鹿南サーキット編

言わずと知れた世界的にも有名な、鈴鹿サーキット内にある、カートコース?(ミニサーキット?)です。

鈴鹿サーキット南コース

明石大橋からだと、

名阪SL目の前素通りルート(名阪国道ルート)と、

阪神高速~名神高速~新名神高速のルートがありますが、

山陽道~中国道~名神高速~新名神高速ルートが走りやすいのでこっちの方がいいかも?。

鈴鹿本コースの西ストレートの裏(デグナー出口の横)に鈴鹿南コースがあって、

[24]右折して本コースの下をくぐるとすぐ右側に南コースへの入り口[25]があります。 

ここの守衛がいるゲート(入場料は必要です)から入って、デグナー外側の敷地内通路を通ると南コース・西コースへ行くことが出来ます。

基本カートの会場ですが、ジムカーナ走行などの走行会(ドリフトは走れない?)もたくさんあります。 

ジムカーナは中部地区でも開催されています。

ランサーでも狭く感じない?(間違いなく軽四だと広すぎるcoldsweats01)ぐらいの道幅やコースの距離なので、

「本コースを走るにはちょっと・・・」 と思う人は南コースで充分だと思います。

地区戦は分かりませんが、全日本のパドックは西コースのパドックを使用しています。 

観戦エリアは山の斜面をそのまま使っているので、

「観客席」と呼べる座れるところはありませんが(今も?)、

見晴らしは抜群ですがコースから距離があるので少し迫力に欠ける欠点もあります。 

ただし、ここから本コースのデグナー入り口から出口も見えるので、何かが走行していたらラッキーですhappy01

2003年の西フェス会場で僕もアルトで参加しましたが初めての遠征、

しかも初めての鈴鹿南だったので正直なところ軽四ではコース幅が広すぎてラインが難しかった(分からない)のを今でもハッキリと記憶していますcoldsweats01

 

ここも、チャンスとやる気があれば走ってみてください。 何か分かりませんがいい経験になると思います。 

もしF1日本GP観戦に行くとしたら、この南コースを慣熟歩行してみてください(笑)。 

西パドックはサポートレースのパドックに使われていて、

南コースは観客用?関係者用?駐車場として使用されているので、F1チケットがあれば出入り自由です(たぶん)。 

暇つぶしに「もってこい」ですよ。 

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

ジムカーナ会場 元モビリティおおむた編

モビリティおおむたは、2013年3月に閉鎖となりました。

もうだれも用事は無いと思いますが、下記のルート案内は何かの参考にしてください。

今回は、九州のモビリティおおむたです。

福岡県大牟田市の有明海沿いで熊本県の隣に位置しています。

 

モビリティおおむた

 

瀬戸大橋などの橋を渡って高速オンリーでおおむたへ行くのは、気が遠くなるほど遠すぎるので止めた方がいいと思います。 

高速料金割引も上限1000円でなくなったので交通費は高くなるし疲れるし、いろんな意味で愛媛県八幡浜港から出ている宇和島運輸フェリーshipが無難です。

臼杵行きと別府行きがありますが、ここでは別府行きを書きます。 へぼ兄さん情報では佐田岬の先にもフェリーshipがあるらしいです。 

岬の先っちょまで自走で行き安いフェリー代を選ぶか、少々高いが楽な宇和島運輸フェリーのどちらを選ぶかは、皆さんの自由です。

ちなみに、八幡浜~別府shipは約3時間。

 

僕は2005年西フェスで行きましたが、八幡浜は松山ICのちょっと向こう(西)ぐらいと軽く思っていたら、知らない道ということもあって松山から意外と時間が掛ったように感じ、八幡浜港到着でもうすでに疲れていたのでフェリーの中では熟睡でしたsleepy。 (他の四国勢は輪になって会話が弾んでいたらしい。 たぶん「あれ?アルト野郎は?」と思われていただろうsweat01) 

別府港に着いたら、大分道・別府ICを目指します。 

港を出て[4]を左折して、少し走ると街全体が緩やかな山の斜面にあるような感じなのでぐ~~っと上り坂を道なりに進むと別府ICへ行けます。 

[6]大分道・別府ICから乗って[10]鳥栖JCTから南へ進み、久留米ICを過ぎてから広川SAでしばし休憩toiletcafe。 熊本県に入ったすぐの[12]南関ICで降りてください。 「あれ、熊本に入ってしまったsweat01」と焦らない様に。 交差点[15]を右折して一般道に入りしばらく進みます。

全日本おおむたHPアクセスマップ を覗いてみると、有明海沿岸道路(無料)の[16]大牟田北ICから乗っていきなりすぐの[17]健老ICで降ります。  [16]手前の信号交差点signalerを左折するとナフコというホームセンターとコンビニもあり、ここを進んでも問題ありません。 たぶん信号に引っかかっても1分ぐらいしか変わらないと思います。

[17]健老ICを降りると[20]を右折してそのまま進むと、すぐに会場があり到着motorsportsGです。 

長旅お疲れ様でした。 

 

僕の家は、四国の右端で紀伊水道のすぐ近く、おおむたは有明海沿いなので、「ぶらり四国・九州横断の旅」をしたことになりますhappy02。 

「どーしても西フェスで勝ちたいsign01

というもの凄い欲が出ていたのでこの思いだけでおおむたに行きましたがcoldsweats01、今思うと地図を見るだけで当時の疲れが蘇ってきそうですdownsweat01

 

おおむたは、全日本はもちろん、2010年にはJAFCUPと西フェスも開催したコースです。

 

ここは、ジムカーナコースとダートコースが隣接しています。

2005年と去年2010年の西フェスでは、ジムカーナ車両とダート車両を上手くパドックに振り分けて、同日同時開催をしていました。

コースの一部は土手を挟んで隣り合っていて、ダートとジムカーナの走行を同時に見ることが出来る土手があります。 ある意味贅沢な観戦ポイントです。

そして極めつけは両車のスタートラインをジムカーナコース上に並べて、1番ゼッケンやその後の出走でもタイミングが合えば200~300mほどの同時並走スタートを見ることが出来ます。 ジムカーナは1コーナーを右へ走って行き、ダートは切り裂いた土手の間を直進してダートコースに入っていきます。

僕も2005年大会に参加しましたがスタートラインの隣に競技車両がいるだけで違和感があって、しかも一回隣のダート車両(ボーボーdash言わしたランサー)と「よ~いドンsign01」をしたのですが、すっごくスタートがやりにくかったですcoldsweats01

ただし!やりにくかったのは事実ですが、同時に血が騒いだのもまた事実ですdash

という、普段味わえない雰囲気を体験出来たのでいい思い出です。

 

肝心の会場は、食堂restaurant、トイレtoilet、水道、などなど設備は整っています。

僕の感覚ですが、コース全体は備北サーキットより少し広く?、コース幅は備北より狭く2005年当時路面は荒れていました。 設定によれば3速全開コーナーが余裕で出来る、速度域が高いコースです。

ターンセクションは2箇所ある広場に設置されます。 

もちろん好みは人それぞれですが、個人的には備北の方が好きかな、といった感じです。 

一度是非走りに行ってくださいと言いたいのですが、遠方なのでチャンスとやる気と行く勇気があれば一度行ってみてください。 

 

そして、さあ帰ろうかと思った時 「ハッsign01来た道を帰らなあかんのか、ハァ~~遠いweep」 と思った瞬間 「まてよsign02北九州~徳島のオーシャン東九フェリーが有るではないか」 と一瞬期待しましたが 「所要時間が約15時間」、あきらめて宇和島運輸フェリールートで帰ることにしました。

まっ、気長にのんびりと帰りましょう。 ただし、別府港までの移動時間とフェリー出港時間は前もって把握しときましょう。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

ジムカーナ会場 名阪スポーツランド編

奈良県の名阪国道のすぐ横にあり、近畿ジムカーナのメッカでもあり全日本ジムカーナの会場でもあります。

 

名阪スポーツランド

 

鳴門ICからの「やまナビ」です。 瀬戸大橋ルートは、よく分からないので誰かに聞いてくださいcoldsweats01

淡路島は居眠りに気をつけて、覆面パトカーのお世話にならないように走行してください。

まずは、淡路SAtoiletrestaurantgasstationparkingcafeで明石大橋でも見ながら休憩してください。  

  

阪神高速~大阪環状線~松原JCTルートが早くて安いのですが、走ったことがない人には大変なルートで、

阪神高速は道幅がそれほど広くなくてエスケープゾーンがなく、

その割りに飛ばす車が結構多いので勇気を出して頑張って走らないと逆に危険な目に合いそうな高速道路になっています。

注意danger 環状線手前の[14]左急カーブになっていて、

警告の看板はあるのですが知らないで(気づかず)減速せずに進入するとほぼ間違いなく壁の餌食になるものと思っていてください。 

脅しではありませんsign03

[14]を無事クリアしてから[15]東船場JCTを直進しても別ルートから行くことが出来ますが、

ここでは一番右の車線から天理・西名阪方面へ右カーブします。 

右カーブの所から2車線になっていてここで左車線を走行してください。 

高速1号環状線の4車線の内右側2車線に合流するので、早めに左側2車線に車線変更upwardleftをしてください。 

右2車線のまま居ると、[16]高津分岐から 「ぶらり環状線1周の旅」 に出かけることになります。 

時間が有るなら 「ぶらり」 も有りですsmile。 

「ぶらり環状線1周の旅」 をしたくない人は、

左側2車線から[16]高津分岐天理・松原JCT方面へ直進してください。 

そのまま走り[18]松原JCTを直進し西名阪道に入ると、香芝SAtoiletrestaurantgasstationparkingcafeがあります。 

そのまま進み天理ICで高速道路有料区間は終わりで、道なりにそのまま無料区間の名阪国道に入ります。 

一見高速っぽいですが西名阪道より少し狭く、間違いなく一般国道です。

針ICで降りると、

ファミリーマート24hoursと道の駅parking(どちらかにそれらしい車がいるハズですhappy01)とガソリンスタンドgasstationがあり、

休憩や最後の食料調達場所、時間調整などはここでしてください。

その道をそのまま南下するとホームセンターがあります。

名阪国道のICは高速道路の様な緩やかなカーブではなくて、急な左カーブっていう所が多いです。 

Jgc_r4_001 針ICの次の[23]「小倉」 で降りますが、

Jgc_r4_003_2  ここもいきなりほぼ90度左折!となっています。

Jgc_r4_004_2  すぐに[24]側道を右折のあと、

  

  

  

Jgc_r4_006 道なりでは左斜めになってますが側道の[25]右斜めに入ります。

正面に看板があります。 上段の真ん中のピンク色の看板。 

Jgc_r4_008 名阪国道の下をくぐり、

Jgc_r4_014_2  左に名阪国道を見ながら少し走り

 

 

  

Jgc_r4_015_2 再度名阪道の下をくぐる[27]左90度を左折。

Jgc_r4_016  

 

 

    

Jgc_r4_017 名阪国道の下をくぐると、すぐに上り坂になって突き当たり左に名阪SLの入り口があります。 

Jgc_r4_019 2015年全日本は←この先右側のどこかの会社の空き地がギャラリー駐車場です。  

Meihan_001 そのまま突き当たり左側にゲートがあり、到着motorsportsです。

←は2014全日本の時です。

  

    

備北はAとBコースがありますが、名阪はA~Eまであります。

Jgc_r4_025 ゲート入ってすぐ右折した目の前にA・Bコース(AとBは内周と外周・・・なのかな?)のピットがあり、

Jgc_r4_062 A・Bピット手前を右折して道なりに少し進むとEコースがあります。

 

 

  

名阪で主に使用されているCコースへは、入口ゲートを直進してCコース脇を直進して左下に降りた所がCパドックになります。

06_81Cパドックへ降りずに、正面下の奈落の底みたいな広場がDコースとなっています。 

06_128奈落の底から見た急勾配です。 

Dコースは、一部のジムカーナ練習会と西フェス以上のパドックや関係者駐車場として使われています。

 

近畿地区戦・ミドルで使用されるコースはCとEコースで、A・Bはジムカーナでは全日本・JAFCUPのパドックとして使われます。

   

Cコースは、親分曰く 「雨rain降るとすっごく滑る!」そうです。

1コーナーのイン側はドライでも滑りやすくなっています。 

全体的にもどちらかというとグリップは低い方ではないかと思います。

場所が山の中なので、天気予報が当たらない事が多くて雨rainが降りやすく、

3月でも雪snow中止になることもあるそうです。

普通に走るだけだと楽しいコースですが、全開で攻めると怖くなる名物コーナーも存在しています。

 

まずは一度全日本の観戦に行ってみてはどうでしょうか?

イベント参戦はその後からでもいいと思います。

 

来た道をそのまま帰るとこれまたやっかいなのが環状線なので、気をつける所を書いてみます。

大阪環状線帰りルート

松原JCTからしばらく進んで1号環状線に入ると、

料金所へ降りる分岐[4]を直進したすぐに本命の西船場JCTの分岐[5]があるので間違えないようJCTへ入ってください。 

西船場JCT[5]を左に曲がった後左車線に合流するので、

合流直前から速攻でウィンカーを右に出して合流した直後に、すぐsign01右側に車線変更してください(右後方確認は忘れずにsign01。 

何とか勇気を出して頑張って車線変更してください。 

ここを真っ直ぐ進んでしまうと海沿いの湾岸線まで行くのですが、

聞いた話ではこのルートでも帰れるらしいですがややこしいらしいので、

やはり勇気を出して車線変更したほうがいいでしょう。

右側に車線変更してすぐに阿波座分岐[6] (2車線)の右カーブを曲がります。 

[5][6]の間はあっという間で400~500mぐらいだと思っていてください。 

ここさえ曲がれたら後は[12]名谷JCTまでしばらく安泰です。 

[12]のJCTは、左に分岐したらもう一度分岐が迫ってくるので再度左に分岐してください。

左を2回 「左→左」 です。

あとは迷子になるような分岐はありません。

いくらナビがあっても連続で迫ってくる分岐をナビの画面を確認しながら運転していたらあさっての方へ行ってしまったり、

事故に繋がる危険性もあるので、充分気をつけて運転してください。

無事明石大橋が見えてきたら、「やっぱり明石大橋はでっかいなあ と思いながら

Jgc_r4_373_2 淡路SAtoiletrestaurantgasstationparkingcafeで休憩してください。 

Jgc_r4_367_2タイミングが合えば明石大橋のライトアップの色が

時間と共に変化するのが見れるかもしれません。 

気分転換にはもってこいです。

やはり帰りの淡路の高速道路も、たぶん睡魔sleepyが襲ってくるのでその対策もしておいてください。 

そして、「やっぱり鳴門(大橋)は明石(大橋)と比べると小さいなあ」 と思いながら四国上陸です。

 

鳴門ICからまだ距離がある人は、気をつけて走行してください。 

ではみなさんお疲れ様でした。

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

ジムカーナ会場 備北サーキット編

四国の会場は紹介し終わったので、今回からは僕が走ったことのある四国外のコースを紹介します。

まずは近いところから、中国地区岡山県備北サーキットです。 

もっと近いところで、JAF公認を取ったなださきレイクサイドパークがありますが、僕は行ったことがないのでいずれ軽く紹介します。

備北へはここ数年行ってないので、細かい内容は変わっている可能性があります。

備北は、今までに全日本・JAFCUP・西フェスも開催された事があるコースです。

 

備北サーキット 

 

坂出ICから高速を使って1時間ほどで会場に到着します。

最寄のICは 中国道北房IC、ここで降りると会場まで約15分です。 

[10]北房ICを出て国道313号線signalerを右折

少し走ると右側に会場まで唯一のコンビニのローソン24hours(目の前にスーパーマルナカ、だったかな?)があり、この辺りから民家が増えてきます。

[11]交差点signalerを直進

突き当たり[13]を右折。 この辺は道が少し狭くなっています。

約100m進んで、[14]を左折

約200mほど進むと上り坂になり、少し走ると片側1車線の広い道を走り、左ヘアピン~右ヘアピンをクリアして数100m走ると、

Kanban1坂を上りきった辺りの[15]左側に会場入り口があります。(看板あり)

[15]から「G]ゲートまで、200~300mあります。

 

 

Gate1入場料が選手も観客も500円(だったかな?)必要です。 

会場の入り口「G]に管理人が居るゲートがあるので、

瀬戸内海サーキットと同じ様にエントラントのゲートオープン時間にならないと中に入ることが出来ません。 

画像のようにみんな時間待ちしています。

  

Sekkai1備北サーキットは、ゲート入った目の前にあるAコースと、

Aコースの奥にあるBコースがあり、昔のジムカーナはAコース(だけだった?)で開催されていたそうで、

現在のJAF公認ジムカーナはAとBコースが使用されています。

Service21全日本やJAFCUPでは、

Aコースのパドックと一部のコースもパドックとして使用されていました。

   

 

Course1なのでここで紹介するのはBコースです。 

ノーマルでも余裕で3速に入り、

3速コーナーリングも平気で設定される事がある車速域の高いコースになっています。 

04西フェス前日練習会で、N車両アルト君のミッションが後にも先にも唯一4速に入ったコースです。  

Yamasan1このブログで何度か 「グローブ履き忘れて当該ヒート無効となったヤツがいる」、と小出しにしてきましたが、

実はこの時←の1本目のの仕業でしたcoldsweats01。 

←は2本目のスタート待ちです。 

なぜ2本目と言い切れるのか、それはグローブ履いてるのが見えるからhappy02

 

Course2こちらはJAFCUPで、主に外周を使う高速設定となっていました。 

JAFCUPに参加したある人は、 

「たまんないよsign01こんなの地元有利じゃんsign03」 と、ちとご機嫌斜めdownwardrightpoutでした。 

あるシビックの人は、ホームストレート逆走区間で3速(ファイナル+1~3速までクロス)で足りず、

4速(ノーマル)も使用しなければならず、「う~~ん」 とお悩みの様子でした。 

アルト君ならノーマル1~4速でピッタリだったと思います。 

他にはコース左上辺りでコースアウトが何台かいました。

観客席はピット上やコースの周りのほとんどが土手になっているのでどこからでも観戦できるようになっています。

パドックparkingも広いですし、水道・トイレtoilet・食堂restaurantなどもバッチリです。  

 

これが備北です。 JAFCUPみたいなコースは、「おっかねぇsweat01」と思うでしょうが、

地区戦では年に一回あるかないか?というハイスピード設定です・・・多分。

でも、四国では走れない車速域なので、結果は別として走っているだけでもけっこう楽しいんですよ。 

やまさんお勧めのコースですsign01。 一度でいいから走ってみてください。

 

一般道を使って備北へ行く場合、備北から帰る場合について。

何回かは瀬戸大橋を渡り児島ICで降りて、後は一般道を使って往復したことがありました。

その時の下道ルートが↓です。

一般道 児島IC~備北サーキット 

よそ者でも走りやすく分かりやすいルートです。

[6]経由地2[11]経由地3近辺は少し道は狭かったのですが、それでも2t積載車でも走れる道幅でした。

ただし帰りの[4]経由地1は左斜ですが油断していると道なりに直進してしまい、

「あれ?こんな所通ったっけ?」・・・「あれ?やっぱり何か違う」と、

思いっきり工業地帯に入り迷子になってしまうので気をつけてください(ナビ無しアルトでの出来事でしたsweat01)。 

ナビさえあれば間違えないでしょう。

2711画像は、帰りの[10]交差点で右折です。 

行きは、画像右側から手前(後ろ)に左折。 

信号上にゲートみたいなのが四方にあって、こんな交差点はここだけでした。

  

児島ICから備北サーキットまで、2t積載車で約2時間、アルト君で約1時間30分で到着でした。

信号にもあまり引っかからず意外と気持ち良~く走れました。 帰りは、約30分多く時間が掛っています。  

下道でこの時間なのでそう考えると備北ってそんなに遠くないでしょ? 

香川・徳島からだと美川より近いので近所?みたいなもんですhappy01 

 

 

今回はこの辺でお開きです。 

次回はどこを紹介しようかな?

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

ジムカーナ会場 瀬戸内海サーキット編

四国のJAF公認ジムカーナコースは、

徳島カートランド、モーターランドたぢかわ、愛媛県にある瀬戸内海サーキット、美川スポーツランド(元スキー場)、

の4箇所あります。

今回は愛媛県西条市丹原町の山の麓にある、瀬戸内海サーキットです。

瀬戸内海サーキット

では早速、MapFan↑と「やまナビ」を駆使して?ナビをしてみましょう。

 

まず、川之江JCTから30分ぐらいで松山道小松JCT手前にある石鎚SAに到着します。

もちろん無理に入らず素通りしてもいいですよ。 

Padok1ここで時間調整をして、会場までのルートが分からない人やハッキリ覚えてない人は、

石鎚SAにそれらしい車が居るかもしれないので付いていくという手もありますが、

もちろんそれらしい車は瀬戸内海サーキットに行くかどうか分かりませんので気をつけてくださいsmile。 

 

石鎚SAからは、30分もあれば会場に到着できます。

 

石鎚SA[S]から1km先の小松JCT[3]を今治方面に入ったすぐにある小松IC[5]で降りて、

国道11号線を左折[6]しますが、ここからのルートがいくつかある様なので、「やまナビ」 では僕がいつも使うルートを書いてみます。

最初の信号signalerの歩道橋がある交差点を右折[7]しますが、

直進するとファミリーマートが左にあり最終ここで買いだめしておくといいでしょう。

このまま直進しても行けるそうですが、僕はこの歩道橋のある信号signaler県道147号線へ右折します。 

025_3ちょこっと走ると橋を渡り、ちと分かりにくいですが画像の信号無しの所を左折[8]して近道を通ります。

画像の積載車でも充分通れる広さはありますが、1車線で農道っぽいので速度は控えめにお願いします。

ここ[8]を直進して、県道48号線を左折すると近道と合流[9]しますが、直進しての山際ルート県道151号線もあります。  

[9]から約1km走って右側にJA直売所がある信号signalerを右斜め[10]に入ります。

柿畑?みかん畑?の横を通り、県道151号線(信号無しY字交差点)を左折[12]

田滝小学校の前を通り、道なりには左斜に進むY字路があるのでここを脇道の右斜め[13]に入ります。

3_3民家の間を通り、正面の小さい神社を右へ反れて、水が流れていない川沿い(狭い道)を進むと、

右側に瀬戸内海サーキットmotorsports[G]があります。 

曲がる所さえ覚えれば問題なく辿り着けるのですが、

ごく一部のFLメンバーは一人で行くのは自信がないそうです。

     

010Chougin0391瀬戸内海サーキットの敷地は広くないですが、

徐々にコースが延長され、屋根付パドックparkingも増設されて、

ギャラリースタンド?も延長され、徐々に来場者に優しい会場になって、

ここもジムカーナ、ドリフト、カートなどで人気のあるコースになっています。

 

TKLと比べると、最高速はそんなに変わりませんが、コーナーの車速域は少し低く、グリップも低いです。

食堂と言えるかどうか分かりませんが、

小さいながらも軽食noodleが食べれる様にはなっていて(大理石テーブル?)、

他にも自販機が一つか二つ、水道やトイレtoiletも設置、ピット2階がギャラリースタンドになっていて、

最低限の設備は整っています。

ここでのジムカーナは、地区戦が2戦開催でDCRとSETOKAZE主催。

練習会は、毎月SETOKAZE主催であります。 

後は・・・残念ながら知りません。

| | コメント (0)